山口歯科医院

ご予約・お問い合わせはこちらから 053-485-7575

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは「機能的な側面」と「美的な側面」の両方に焦点を当てた歯科医療のことです。見た目をきれいにするだけでなく、失った機能を回復させ、全体の調和のとれた美しさと機能性を兼ねそなえた歯に導きます。

機能的な側面

子供から成人まで正常なお口の機能を図ります。

  • 快適な食事…良い噛み合わせ
  • 楽しい会話…正確な発音
  • 爽やかなお口環境…清潔な歯と歯ぐき

美的な側面

お顔や表情と調和したお口のケアを行います。

  • 白い歯…自然なナチュラルホワイト
  • 素敵な笑顔…美しい歯並び
  • 綺麗な口元…良い噛み合わせ

歯科治療において、修復材となるかぶせ物や詰め物を補綴物と呼びます。虫歯治療などで歯を削った際には、補綴物が必要となります。種類は金属やプラスティック、クラウンなど様々です。またそれぞれ特徴や費用も異なります。検査・カウンセリングをおこないながら患者様のご要望をじっくりお伺いし、よりよい補綴物を選択して参ります。

クラウン

クラウンとは、虫歯の治療で歯を削った後に歯全体に被せます。一般的には「差し歯」や「被せ物」などと呼ばれています。

オールセラミッククラウン

一般的な金属製の歯を使用した場合、金属によって歯肉の色が変わってしまう事があります。しかし、オールセラミッククラウンは金属を一切使用していないので、歯肉の変色は起こりません。また、金属アレルギーを引き起こす心配もなく、歯を白くしたり、歯並びを整えることもできます。歯の色も天然歯とほぼ同じ様に見えるため、前歯など審美性が重要な部分の歯の治療にお勧めです。

メタルボンドクラウン

メタルボンドとは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。

インレー

インレーとは、虫歯の治療時に使う歯の詰め物のことです。通常、虫歯の治療時には保険適用の場合だと銀色の金属の詰め物を使いますが、保険適用外のハイブリッドセラミックインレーなどを使うと、詰め物も白くすることができます。

ハイブリッドセラミックインレー

硬い材質であるセラミックに粘りのあるレンジを混ぜ合わせることによって、セラミックの持つ審美性と耐久性、硬質レジンの操作性をあわせもっています。噛み合う際に、対合歯に優しく、天然歯と同じように磨耗するという特徴があります。金属で詰め物していた箇所や、口をあけたときに奥歯の銀歯が見えてしまうのが気になる方にお勧めです。

ゴールドインレー

金合金や白金加金で作られ、これらの貴金属は非常に錆びにくいため、保険の金属の問題点であった金属の溶け出しによる二次的な虫歯、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが解消できます。

ご自身ではお手入れできない歯の表面についた汚れ(磨き残し・コーヒーなどの飲料物による着色・喫煙によるヤニなど)を、専用のペーストを用いて取りのぞき、歯本来の色を表出させます。プラークの付着、虫歯、歯肉炎の発生を抑えることにより、歯科疾患の予防にもつながります。初期虫歯への再石灰化促進、カルシウム補給、歯肉炎の抑制の効果もあります。